忍者ブログ
東西南北!とくすつば!の企画用ブログ兼個人的な創作置き場。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    こばどんログ ジュリオ編6

    いきなり(シチュエーションが謎すぎる)グロ注意かもしれない・・・
    あとパンツの下に珍しくシリアスなジュリオがいるよ!(言い方)






    卑猥な口チャック

    って こういうことかと思ってた。

    口でファスナー開ける的な意味だったのね・・・

    っていうかこれチャックじゃないし
    そもそも卑猥っていうかただのグロだしな。

    なんていうかジュリオごめん。逸材が他にいなかった。

    らぶこみゅでジュリオ作って主人公名ベッキーにしてやっているのですが。
    (主人公女ゆえに。男だったら多分樂十もしくはおみおみにしていたと思われ)

    性格ドSに設定したらセクハラぶりがあまりにも公式とぶれなくて笑ってしまったのですが。
    どういうことなの。違和感仕事しろ。

    まあ「おしおきしてやる」とか「可愛がってやる」とかはさすがに言わないけどさ((((

    性格が意外とはまっても 見た目が ただの 別人だけどな!




    ぼくさー

    ジュリオは可愛いボクサーパンツ穿いてそうだよね

    ---

    きよたんもボクサーパンツだと思うの。
    ジュリオと違ってもっとこう、攻撃的なデザインの。
    もしくは無地とかシンプルなやつ。とりあえず黒基調。

    平八はトランクス。
    いや単純にボクサー似合わないってだけの理由だけど。
    2枚組み合わせて1500円のやつとか早百合と禰々が買ってきそうなイメージ(?)

    そして聖がまさかのブリーフだったら可愛いと思うんだ。




    「おおきくなったら、せいぎのみかたになりたいです。」

    「じゅりお、せいぎのみかたになるの?」
    「そうだ!おおきくなったらみつこをまもれるほどつよくなるからな!」
    「うん!たのしみにしてるね!」

    昔から正義のヒーローに憧れてた。
    悪い奴をやっつける強いヒーローになりたかった。

    なのに。

    結局オレは、女一人守れなかった。
    どんなに遠くにいても誰かのピンチに都合よく駆けつけるなんて、現実じゃ無理だと知った。

    今となっては、守るどころか気安く触れる事さえできない。


    どうしてオレはこんなにも無力なんだ。
    テレビの中のヒーローのようになりたかったのに。
    オレが正義の味方だったら、あいつがあんな目に遭うこともなかったのに。

    ---

    「・・・小母さん。話があります」
    「誰かと思ったらグスマン家の坊やね。何かしら。忙しいから手短にお願いするわ」
    「あいつ・・・三津子は男に襲われて、すげえ傷ついてるのに・・・何も声をかけてやらないんですか?あんたの娘でしょ?」
    「女にとって命よりも大切な貞操すら守れないような子を自分の娘とは思いたくないわね」
    「・・・じゃあ奈津美が同じ目に遭ったら?」
    「やめてちょうだい!あの子が暴漢に襲われるだなんて冗談でも言わないで!」
    「三津子は実際襲われた!何なんだよあんた!奈津美と三津子の何が違うってんだ!二人ともあんたの娘だろ!三津子があんたに何した!あんたの大嫌いな旦那さんと爺さんに可愛がられてるからか!?だから気に入らないのか!?」
    「あの二人の息のかかったものは何だって嫌いよ!」
    「たったそれだけの理由なのかよ!逆恨みもいいとこじゃねえか!母親に愛されない三津子の気持ちを考えたことあんのか!」
    「黙れ!」
    「オレは許さない!傷ついた三津子を拒絶してさらに傷つけるようなあんたをな!」
    「口の減らないガキね!あんたに恨まれようが痛くもかゆくもないわ!」
    「ついでに覚えとけ!あんたは三津子どころか大好きな奈津美だって傷つけてる!あんたは無闇に人を傷つける存在だ!」
    「何を馬鹿な事を!奈津美が私を嫌うわけがないわ!」

    その時、オレは初めて人を憎んだ。
    三津子の母親が憎らしくて恨めしくて仕方がない。

    オレがヒーローで、三津子の母親が悪役なら、そいつを倒せばめでたしめでたし、じゃねえか。
    だからって本当に倒したらどうなる?
    三津子は笑うのか?奈津美は?
    その後オレはどうなる?
    世間だとオレが加害者、母親が被害者になるんじゃないのか?

    ・・・何が正義のヒーローだ。


    小学生の頃の話。
    絵は中学生だけど。

    ジュリオは正義感の強い子なんです。
    普段はちゃらんぽらんに見えるけど。
    だから傷ついた三津子を拒絶してさらに傷つける母親が許せなかった。
    鏡内に居候している今でも許してない。
    母親とこれだけ派手な言い争いをしておきながらジュリオが鏡内に居候できるのは、離れに部屋があるから。
    敷地があまりに広いので偶然会うという事は滅多にない。
    下手したら母親はジュリオが居候してることも知らないかもしれない(((

    離れはジュリオや中村(三津子のSP)他、住み込みの使用人の部屋があります。
    それも主に父親が雇っている人たち。
    三津子や奈津美もちょいちょい遊びに行きます。
    奈津美は母親にばれると怖いので自分の家の敷地なのにお忍び状態。

    昔は小学生の頃のジュリオは三津子にガチ惚れしてたとか考えたけどなんというかそれだと三津子モテモテすぎるな。まあいいか。
    好きな女の子が知らないおじさんにレ〇プされたとかトラウマどころの話じゃないぞ・・・((((
    ジュリオはなるべくシリアス避けようとしてたけど、三津子の過去を考えるとなんか無理だったごめん。

    三津子が男性恐怖症みたいになって、女として生きるのをやめたと同時に身を引いた。という感じでいいかな。過去形ならば問題なかろう(?)
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [574]  [573]  [572]  [570]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]