忍者ブログ
東西南北!とくすつば!の企画用ブログ兼個人的な創作置き場。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    こばどんログ 平八編11

    どろどろしてたりそうじゃなかったり。






    誤解から誤解が

    「女鹿くん・・・いつもごめんなさいね」
    「何のことです?ボク、厳島さんに何かされた記憶などないのですが」
    「わか・・・平八のこと」
    「姫宮君が何か?」
    「何が気に入らないのか、いつもツンケンしてるみたいだし・・・」
    「まったく気にしてませんよ」
    「そう?なら良いのだけど」
    「ええ。気にする方が馬鹿らしいです。あのような気移りの激しい男のことなど」
    「・・・気移り?何のことよ」
    「おや失礼。まあ、厳島さんは知らないほうが幸せなことですよ」
    「・・・教えて。あなた、あいつの何を知ってるの?」
    「そうですね・・・言うべきでしょうか」
    「・・・・・・」
    「分かりました。言いますよ。彼にはね・・・あなた以外に、大切にするべき存在がいるんです」
    「・・・は、どういう・・・」
    「小柄で、かわいらしい女の子ですよ」
    「・・・何、それ」
    「詳しく知りたいなら本人に聞けばいいでしょう」
    「・・・・・・べ、別に、私は、あいつのことなんて、気にならないし・・・他に大切な人がいるんなら、私なんて・・・」
    「・・・おやおや。話すべきではなかったようですね」

    ---

    こんな泥沼フラグ。
    ここからこっこのカウントダウン的な展開に移行します。嘘だけど。



    静かな怒り

    「・・・ねえ、他に大切な人がいるって話・・・本当なの?」
    「・・・そりゃ居ますけど。家族も友達も大切ですからね」
    「そうじゃなくて・・・その、他に・・・彼女とか、いるんじゃないかって話」
    「・・・え?」
    「いるならいいのよ、私のことなんて忘れて。その子のためだけに尽くせばいい」
    「そんな話、どこから・・・」
    「女鹿くんが、そんなことをぽつりとね」
    「・・・女鹿先輩が?」
    「ええ」
    「・・・そんなの、ただのでたらめに決まってるでしょ」
    「・・・そうなの?でも彼が嘘を言っているようには」
    「僕の言葉よりあんな奴の言葉を信じるの?」
    「・・・!?」
    「そうなんだ。あなたにとって僕はその程度か」
    「あ、あの、違うのよ、ただ・・・」
    「そうだよね。同情だけで付き合ってるようなものだものね。いいよ、もう・・・そこまで僕を信用できないんだったら」
    「・・・違うって、言ってる!」
    「何が違うの」
    「・・・あなたがそういう器用なことできるような奴じゃないって事は知ってる。ただ、ちょっと不安になっただけで」
    「・・・不安?」
    「不安・・・よ」
    「・・・ふふ、あははははは!」
    「・・・何?何なのよ」
    「あまりに冷静に問いただしてきたものだから、僕のことなんてどうでもいいものとばかり」
    「どうでもいいわけないでしょ。ここまで付き合ってきたんだから」
    「・・・ねえ出雲さん」
    「・・・何よ」
    「出雲さんは僕のこと、嫌いじゃない?」
    「嫌いだったら付き合ってないわよ」
    「じゃあ好き?」
    「・・・さあね」
    「素直じゃないんだから」
    「悪かったわね・・・しかし、怒ってると思ったら随分あっさり機嫌直ったわね」
    「あなたにとって僕は、浮気で不安になるくらいの存在ではあったんだなあって」
    「・・・馬鹿ね。二股かけられるのが嫌なだけよ」
    「僕にとっての特別は、あなただけですからね」
    「そう言って、しょっちゅう女の子と仲良くしてない?」
    「それは友達ですから」
    「・・・ふーん?」

    ---

    あれ?

    ケンカしてるへいずを書きたかったのにあっさり丸く収まってもーた(((
    他のカプでケンカネタは少し心が痛むけど、へいずは何も気にせずこういうのも書けるから動かしやすい。
    別れ話も普通に書ける。いや二次の話やぞ!公式では幸せになって欲しいよそりゃ!

    平八はマジギレするとやたら低い声で静かに喋る。超怖い。
    たまに怒鳴るけど。殴る時とか。

    ああん眠い・・・続きは後でいいかな←



    誤解の二乗

    「女鹿先輩、どういうことか説明してもらいましょうか」
    「何の話でしょう?」
    「出雲さんにでたらめ吹き込んだでしょう」
    「身に覚えがありませんね」
    「とぼけないで下さい。僕が浮気してるだなんて嘘言った事、聞きましたよ」
    「浮気とまでは言ってませんけどね」
    「何が目的でそんなことしたんです。僕が出雲さんと付き合っててもあなたには関係ないでしょう」
    「嘘は言ってません。ボクはキミに他に大切な人がいるのに厳島さんにうつつを抜かしているということを教えただけですよ」
    「それが嘘でしょう!?何を根拠にそんなこと・・・!」
    「中学の頃、彼女いませんでした?」
    「・・・え?いましたけど、何で今それを」
    「彼女にとってキミは特別だった。でも、キミにとってはそうではなかったようですね」
    「僕が彼女の特別・・・?別にそうとは思えませんけど。あの人は遊べれば誰でもいいような人ですよ」
    「・・・彼女がそんな軽い女だとは、信じたくありませんね」
    「・・・あんたあの人の何を知ってるんだ」
    「知ってるも何も、中学時代同じクラスでしたから」
    「・・・は?」
    「・・・え?」
    「・・・何の・・・話、ですか・・・?」
    「え?」
    「え?」

    ---

    結局わけのわからないまま終わる(×)

    正也の言う彼女→千沙華
    平八の言う彼女→泰子

    ビッチな千沙華とか私が嫌だ←



    大変だ

    濃い・・・な・・・

    おいい最近ろくな平八描いてねえ。
    マジ切れしてんのと簡単なのしかない。



    「千沙ね、頑張って野菜炒め作ってみたんだよ!^^」

    千「野菜だったら平八も食べられるしね!」
    平「へえ、いつもより見た目はいいね。姉さん、味見はしました?」
    早「え、ええ・・・味は・・・いつも通りでしたわ」
    平「そう、なら食べられるかな(ぱく)」
    晴「ちさっこの料理でっか・・・わしが食わんわけにはいきまへんな・・・(ぱく)」
    平「・・・(もぐもぐ)」
    晴「・・・うっ・・・!」
    平「うん、まあ千沙ちゃんにしては・・・悪くないかな」
    晴「(正気かいな!?)う、旨いでっせ、ちさっこ」
    千「ほんと!?やったあ!」
    平「・・・とか言って。五十嶺さん、汗すごいですよ^^」
    晴「き、気のせいやないの?」
    平「千沙ちゃんの料理を心から美味しいと思えないなんて、彼氏として失格じゃないですか?^^」
    晴「・・・なんやて・・・?」(ばっ)
    平「僕は千沙ちゃんの料理、不味いと思ったことは一度もないですよ^^」
    晴「ちさっこの料理はわしのもんや!ワレには渡さへん!(がつがつがつがつ)」
    平「・・・おお・・・」
    早「そ、そんな・・・!五十嶺さん、無茶ですわ!」
    千「ちょっと早百合!?どういう意味!?」
    晴「・・・ぶはっ!(完食)ちさっこ、ごっつぉーさんやった!」
    千「はるたん・・・(じーん)」
    平「・・・これはまた、見上げた根性で」
    晴「ワレはほんまに性悪やな・・・!」

    ---

    ※平八は味覚がおかしいだけです
    おかしいっていうか、極端に甘いもの、辛いもの、すっぱいもの、苦いものでも平気で平らげる。
    不味いという感覚があまりない。
    肉や魚が食べられないのは味が駄目なのではなく「元々生きていたもの」を食べるのに抵抗があるってだけ。

    平八はなんとなく晴生に対して愛想振りまかない気がするなと思って。
    っていうか明らかに挑戦的である(((
    千沙の彼氏ってことが気にくわないのだと思う。
    こう、娘を取られた父親みたいな(?)
    晴生が嫌いな訳じゃないです。むしろ何だかんだで仲良くやれそうな気はする。

    ---

    これだと敬語だけど、千沙がいないところでは普通にござる口調で喋る気がする。

    ---

    こんなところで隠れドSを発揮するとか((((
    MっぽいSが好きです(?)



    日和は綺麗なままでいてね。

    平「中二か・・・もう日和も中二なんだね・・・」
    日「どうしたのー?」
    平「日和には・・・せめて中学の間は綺麗なままでいてほしいなって思ってね」
    日「え?ひよりきれい?わーいうれしい!(´▽`*)」
    平「いやそういう意味じゃなくて・・・うーんまあいいか・・・」
    清「そういえば平兄って中二で童貞捨てry」
    平「日和の!前で!そういう!話!しない!」(ぐりぐりぐり)
    清「いででででで!つむじ!つむじまじ痛い!」

    ---

    清「俺も中二までに童貞捨てられっかなあ」
    平「や め て く れ」
    清「な、何でそこまで拒絶すんだよ!?」
    平「早く童貞捨てたって何もいいことないよ。ドン引きされることだってあるんだよ。それにそういう行為をするのは色々なリスクがつきまとうわけで、うっかり相手を病気とか妊娠させたらその後がry」
    清「重い!やめてくれ重い!平兄が言うとやたら重い!」

    ---

    禰「ねえ兄ちゃん、もしあたしが処女じゃなくなったら悲しくなったりする?」
    平「病気になったり妊娠したりしなければ別にいいよ」
    禰「え、何!?何なのそのヒヨちゃんとの扱いの差!?」

    ---

    いやあのね、平八は相手を妊娠させたこととかないからね!
    なんか誤解されそうだからとりあえず弁解しとく(?)
    相手に妊娠とか病気とかさせないように充分に配慮してるから。うん。

    なんでこんな生々しい話してんだろう(((((

    こんなこと言ってるけどさ、自分の手で日和を汚したくないだけで、実際誰かがえろい日和を描いたら全力で喰らい付くんだろうな・・・現金だ((((
    まあ誰も描かないだろうけども。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]